パソコンの熱対策には風を当てることが効果的

パソコンを使ってマシンパワーを使う3Dゲームをしている時にパソコンが落ちてしまうといった症状が出た時は熱暴走をしていることが多くあります。
熱暴走とはグラフィックボードやCPUがフル稼働することにより、熱を発して限界以上の熱を持ちそれ以上発熱すると壊れてしまうため、保護機能が働きマシンをシャットダウンすることで故障を防ぐために起きる症状です。
しかし、ゲームの最中にシャットダウンが起きてしまってはゲームを楽しむことができなく困ってしまいます。
そこで、そのような熱暴走の熱対策には熱を発する部分に風を当てることで冷却するのが一番良い解決方法です。
風を当てることにより、溜まっている熱が拡散されるのでグラフィックボードやCPUの温度が下がり熱暴走を防ぐことができます。
すでに熱対策としてファンを取り付けているのに、熱暴走をしてしまうという場合には現在付いているファンでは力が足りずに熱を取りきれていないことが考えられますので、より風量の強いファンに交換することで熱を取り除くことができ急なパソコンのシャットダウンを回避することが出来るようになります。通販で購入できるゲーム用BTOパソコンなら安い価格で高性能なファンに交換したり、エアフローを水冷CPUに変更したりすることができます。おすすめはCoolerMasterというメーカーのファンです。水冷CPUはメンテナンスが必要な場合があるためちょっと面倒です。
このようにパソコンが熱暴走している時はまず熱対策をすることが重要です。

Sorry, Comments are closed here.